Employee Stories

阿部 玲子

会長

インド現地法人

プロジェクト部長

軌道交通事業部

前例にこだわらない自由な社風の中、自分を成長させてきました。挑戦する仲間、募集中!

私の海外プロジェクトへの関与は、ノルウェーの海底トンネルプロジェクトに始まり、台湾新幹線プロジェクト、カタール・ナショナルマスタープランスタディ、インド・デリーメトロ及びバンガロールメトロプロジェクト、ウクライナ・キエフメトロプロジェクト等多数の案件を手掛け、現在はインドネシア・ジャカルタメトロに従事しています。

特に2007年からはインドの大型円借款案件に従事しており、地下工事のエンジニアそして品質管理のエキスパートとして、インドのメトロ建設現場を監督してきました。インドでは日本では考えられない問題が起こることもしばしばです。だからこそ我々エンジニアの腕の見せ所があります。技術を駆使してプロジェクトを完成させることは重要ですが、この技術をインドに伝授し、技術だけでなくその維持・管理の重要性を伝えていくのも我々のタスクです。またインドでは新しい技術を導入することには貪欲ですが、安全管理や環境向上に対して無関心なところが多いです。日本は安全や環境管理に対しては世界トップクラスであり、我々はそれを指導していく大事な役割も担っています。

また、私は2014年10月1日よりインド現地法人の取締役社長に就任いたしました。この業界での女性社長は初めてではないでしょうか? 弊社では、前例がなかろうが適任であると判断すれば推し進める気質があります。私はこのような社風の中で自分を成長させてきました。

インドでは昨今鉄道を始め、道路やエネルギー関連の多くの大型案件が目白押しです。インド現地法人では、今後インド高速貨物鉄道プロジェクトのために100名を超えるエンジニアの現地雇用を予定しており、その組織を指揮していかなければなりません。また新規のプロジェクトを発掘し、新規分野を開拓していく役目も担っていきます。ここインドでは困難とやりがいが背中合わせの世界です。その大市場であるインドで共に挑戦していってくれるそんな仲間を求めています。

皆さん、当社で自分の可能性をためしてみませんか!!