サービス

入札支援

OCGlobalは、インフラプロジェクトの実施に必要な請負業者やサプライヤーの調達を支援します。入札参加資格事前審査、入札、入札評価、契約締結に至るまで専門的な立場から、一連の入札支援を行っています。

日本国際協力機構(JICA)や世界銀行、アジア開発銀行、欧州復興開発銀行などの国際開発金融機関は、融資先機関にコンサルタントやサプライヤー、請負業者との契約において(一般的には「調達」と言われる)適切なガイドラインに従って行うことを求めています。OCGlobalは、こうしたガイドラインに関する十分な知識と、入札支援における豊富な経験を有しており、機械や器具などといった簡単な入札から、鉄道や港湾、空港といった建設事業全体を実施するための複数の請負契約の実施まで、様々な調達を適切に支援することができます。

サービスのプロジェクト

bird_view_hospital
The people of Afghanistan suffer from three major communicable diseases: tuberculosis or multi-drug-resistant tuberculosis (MDR-TB), tuberculosis with HIV/AIDS (TB/HIV), and malaria. It was therefore deemed necessary to design and construct a hospital in Kabul, including quarantine facilities and equipment procurement, that could treat people with these diseases.
Spanning one of the world’s vital waterways, the Suez Canal Bridge links Africa and Asia.
OC Global has designed and is now managing the construction of new bridges parallel to the existing Kanchpur, Meghna and Gumti bridges and the rehabilitation of the existing bridges.