バングラデシュ マタバリ港アクセス道路 詳細設計、入札支援及び施工監理 受注

2020年10月2日

バングラデシュ マタバリ港アクセス道路 詳細設計、入札支援及び施工監理 受注

 株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバル(本社:東京都新宿区、社長:米澤栄二 以下OCGlobal)は、OCGlobalを代表とする3社*の共同事業体(JV)にて、9月23日にバングラデシュ道路交通橋梁省道路国道局より、円借款『バングラデシュ マタバリ港開発事業(道路国道局コンポーネント-アクセス道路)詳細設計、入札支援及び施工監理業務(契約金額58億5千万円;予備費および税金を含む)』を受注しました。

 本事業は、バングラデシュ国チッタゴン管区コックスバザール県マタバリ地区において、コンテナ及び一般貨物等の多目的商業港を建設し、併せて港の利用に不可欠なアクセス道路を建設することによって、増加する貨物取扱容量の向上を図り、バングラデシュ国内及び周辺国との物流促進に寄与することが期待されています。事業は船舶省チッタゴン港湾庁の港湾部分と、道路交通橋梁省道路国道局のアクセス道路部分の2つのパッケージに分かれ、OCGlobalは、アクセス道路部分の契約締結にいたりました。

 OCGlobalは、今年2月9日に無事完工式開催にいたった「カチプール・メグナ・グムティ第2橋梁建設及び既設橋リハビリテーションプロジェクト」をはじめ、バングラデシュ国ではもちろんのこと、世界各国において、50年以上にわたり、概略設計から完工引き渡しまで道路建設プロジェクトの全フェーズにかかわるコンサルティングサービスを提供し、同時にその経験を通じて高度な専門知識・技術を築き上げてきました。それら知見を今回の事業にも十分活かしてまいりたいと考えております。

*JV構成 ㈱オリエンタルコンサルタンツグローバル、Development Design Consultants Ltd. (DDC)、BCL Associates Ltd. (BCL)

バングラデシュ マタバリ港アクセス道路 詳細設計、入札支援及び施工監理 受注

調印式にて
後方右から2番目シャリア・ホセイン道路交通橋梁省 道路国道局長
5番目在バングラデシュ日本国大使館 山谷裕幸公使
6番目JICAバングラデシュ事務所 早川友歩所長
1番目弊社ダッカ事務所所長 浅野雄司
前方右から3番目サデクル・イスラム道路交通橋梁省 道路国道局プロジェクト部長
2番目弊社道路交通事業部 技師長/プロジェクトマネージャー 吉原俊治