2月 3, 2023

アフリカ砂漠化対処事業 行政官研修終了

株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバルが実施している、アフリカの行政官を対象とした研修「サブサハラアフリカ気候変動に対するレジリエンス強化のための砂漠化対処」が終了しました。

研修修了式記念撮影
前列右及び後列中央5人:アフリカ4か国から来日した行政官
前列右から2番目及び後列右端:JICA筑波担当者

【関連リンク】JICA筑波
Facebook:https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=pfbid02qbTpkFcoenUjPhuivEPx91js91dokhDrYdP8krrsJ4fGXvHdqK8B8DfoKyREwTnhl&id=100064363553068

Twitter:https://twitter.com/jicatbic/status/1607696244910206977?s=46&t=3OhRZN3CqmNGcQGDK5hDOw

貧困層の多くが自然資源に依存するサブサハラアフリカ地域では、貧しさ故に資源の過利用が資源の枯渇を招き、それが原因でさらに貧困が進むという負の連鎖に陥っています。また、近年の気候変動も砂漠化を加速しているといわれています。本研修は、サブサハラアフリカ各国の気候変動対策や砂漠化対策の政策立案・実施能力を強化することを目的とし、当該地域の砂漠化対処に関わる4カ国6名の行政官を対象に、オンライン研修と日本での研修を合わせたハイブリッド形式の研修を行いました。

自国の砂漠化に関する課題について
研修員が発表する様子

日本での土壌改良剤のすきこみ体験の様子

 

OC Globalは気候変動政策を各国の政策、戦略及び計画に盛り込む支援を通じて、気候関連災害や自然災害に対する強靱性(レジリエンス)及び適応の能力を強化します。また、気候変動対策を通じて、持続可能な農業の促進に貢献します。