Employee Stories

鈴木 悠介

技師

道路計画部

国内での経験を海外で活用、経験豊富な先輩方への相談により精度を向上。

国内での業務を経験するため、入社後すぐ株式会社オリエンタルコンサルタンツに出向、5年近く国内業務に従事していました。出向中は、第二東名高速道路など新設橋梁の設計などを担当していました。経験が浅い頃、時間がない等の理由で自分だけの判断で設計したとき、後に条件や計算方法の誤りが発覚したことがありました。これによって手戻りが発生し、手間と時間が余計にかかってしまった苦い経験から、事前に経験豊富な上司に確認する、その都度疑問が出たら質問するなど、基本を大切にするようになりました。たとえ結論が同じだったとしても、幅広い観点から検討した上でのアウトプットだと、お客様にも納得してもらいやすく、結果的に時間の効率化につながります。

現在はOC Globalに戻り、海外事業に従事。相手国により異なるニーズを理解し、国内で得た技術・ノウハウにより課題解決に貢献したい。将来的には「ミスター・スズキ」と指名されるよう(笑)、信頼を勝ち取りたいと思います。